医療脱毛をする際の注意点

医療脱毛の多くはレーザーで照射をして施術します。その際、病院にあるレーザー機器の種類について事前に知識を得た上で施術者と相談することが効果的な脱毛を行う第一歩になります。効果はどれも変わらないと説明されることがほとんどですが、実際はそうでもありません。もちろん肌の色や痛みへの耐性、かかる時間なども考慮して決めましょう。剃毛サービスがあるところを除けば、脱毛を行う前にシェーバーで自分で施術箇所を剃って行かなくてはなりません。背中やお尻など背面はサービスで剃ってくれるところが多いですが、他の部分に剃り残しがあると追加料金が取られます。また、肌を傷つけてしまうとそこは照射されなくなっていまいます。気をつけたいのがVIゾーンです。(Oゾーンは剃毛サービスがあるところが多いです)Vゾーンは毛質が硬いので毛を引っ張りながら根本から剃りましょう。Iゾーンはデリケートな皮膚を傷つけないようにIゾーン専用シェーバーで剃るのがおすすめです。レーザー照射の痛みは箇所や機械により異なりますが、VIOゾーンは火箸で痛めつけられるほど痛いですので出力の微調整を申し出ましょう。最後に気をつけたいのが、肩から二の腕、乳輪あたりに時々見られる硬毛化です。まれにレーザー照射後、以前より太い毛が生えてしまう人がいます。これがみられたら直ちにその部分の照射はストップするようにしましょう。

コメントを残す